多重債務の問題と債務整理

現在、「多重債務」と呼ばれる状態の方が増えています。多重債務の状態とは、借金を返済するために、借入をするという行為を繰り返し、借金が雪だるま式に増え、返済が困難になる状態のことを指します。

多重債務の状態をなんとか解決しようと、おまとめローン等を利用する方がいますが、これはおすすめできません。まとめローンで借り入れの一本化に成功した場合、その融資金で他社の債務を完済することとなりますが、そのあと、完済した他社から再度借り入れをしてしまうケースが多いのです。

このような場合には、専門家に依頼して、債務整理をするのがお勧めです。債務整理には、いくつかの選択肢があります。

最も利用率が高い任意整理

任意整理とは、弁護士または司法書士に依頼して債権者に借金の返済条件の緩和交渉をしてもらう債務整理です。交渉内容は一様ではありませんが、通常、和解後の将来利息分のカットが期待でき、残債務を原則3年間で完済するという内容の合意が可能です。法律家に依頼するので自分の手を煩わせる必要がありません。また、債権者を分けて整理することが可能(たとえば、車のローンや保証人付きの債務は除外するなど)で、取引の状況によっては過払い金の返還請求をしてもらうこともできます。債務整理の中では最も利用率が高くなっています。

経済的にできる特定調停

特定調停とは、裁判所を介して自らが債権者に減額交渉を行う債務整理です。基本的なシステムは任意整理と同じですが、任意整理のように法律家を介さないので報酬費用がかからず安く済ませることができるというのが最大の利点です。自ら交渉をするとは言え、裁判所を介して調停員を間に挟むため交渉自体は難しくありません。ただし、特定調停に関する基本的な知識と調停に割く時間が必要になるでしょう。過払い金が発生している可能性がある場合には、特定調停の手続の中で返還を請求できないため、適しません。

大幅に借金減額ができる個人再生

個人再生とは、借金を5分の1もしくは100万円のいずれか多い方まで圧縮する債務整理です。例えば、債務額が300万円の場合は100万円まで減額、600万円の場合は120万円まで減額ができるので債務の大幅な免責が可能です。そして残債務を原則3年間、また特別の事情のある場合には最大5年間で完済します。手続きに手間と時間が掛かりますが、法律家を介入させるため指示に従えば問題ありません。

人生の再スタートができる自己破産

自己破産とは、財産を金銭に換えて債権者に分配することによって全ての借金を免状してもらう債務整理です。抱えているすべての債務が対象になるため、まっさらな状態に戻ることができます。ちなみに、奪われる財産は裁判所ごとに基準があり、目安として価値20万円以上の物が対象となるので、生活用品などは残しておくことが可能です。全てを失うという噂もありますが、これは正しい情報ではありません。任意整理、特定調停、個人再生はあくまでも返済が目的なので収入がある人でないと手続きはできませんが、自己破産は逆に収入がない人が取る手続きです。

専門家に相談を

専門家に相談すれば、債務返済に悩む方の現状(住宅の有無や可処分所得の金額、借入先との取引期間など)と希望に応じ、最適な整理法を提示してくれるはずです。提示された解決策で納得いかなければ、他の事務所にも相談してみましょう。債務のお悩みは、とにかく専門家に相談することで解決に近づきます。


グレーゾーン金利の撤廃前から借金をされていた方は、過払い請求という言葉をうっすらと耳にしたことがある方が多いはずです。
法律改正前に利息制限法の上限金利以上の高金利で借りていた方は、支払った利息が戻ってくる可能性があるのです。
自分がその対象なのか分からないという方は、債務整理の実績がある司法書士に相談してみましょう。

大阪にお住いの方も、相談するなら、やはりフットワークの軽い司法書士がいいですね。
過払い金を返還する請求権は民法の規定に基づいて、完済から10年で消滅してしまいます。
既に完済された方はもちろん、現在返済途中の方も、直ぐに手続きをするのが懸命です。

中には、貸金業者が過払い金請求による返還の負担を避けるため、利息をゼロにするから手続きをおススメするといった勧誘があることがあります。
そうした誘いがあるということは、多額の過払い金が発生している可能性大です。
業者の言うまま書面に自署押印してしまうと、利息はゼロになっても、払った過払い利息が取り戻せなくなる虞があるので注意しましょう。

借金の支払が出来なくて困っていたり、高額な利息でトラブルに合って悩んでいるという方に、よい解決の方法があります。
それは、債務整理と言う方法です。
例えば、消費者金融に払い過ぎた利息を取り返したいと思っている方は、
過払い請求することで問題を解決することもできるようになりますよ。
ただ、この方法には、メリットもありますが、デメリットもあります。
ですから、充分に検討してから行うことをおススメします。
このようなお金が絡んでくる問題というのは、素人では判断が難しいと思うので、プロに相談するのが一番いいと思います。
法律に詳しい司法書士に債務整理や、過払い請求の相談をしてみてはどうでしょうか?
大阪にもこのような問題に、とても詳しい司法書士事務所がありますよ。
多くの実績を上げている司法書士事務所でしたら、安心して依頼することができると思います。
とりあえずの気持ちで、まずは相談することからはじめてみてくださいね。

多額の借金を背負ってしまい、利息の返済だけでも二進も三進も行かない方、あるいは多額の借金に押し潰されそうになってしまいそうな方は、その悩みを人には打ち明けられずに1人で背負っているケースが多いかと思います。
ですがなかなか素人が背負い込んで解決出来る問題ではありません。
とにかく1日でも早く、債務整理を行って身辺を身軽にして、新しい生活に向かって歩き出していくことが重要です。

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停、の4つが挙げられますが、いずれにしましても、なかなか1人の力で解決するのは難しいでしょう。
債務整理を個人で行う際には、サラ金業者などの債権者との間での話し合いや、交渉を行う必要がありますが、相手はある程度法を知り、また法の裏も知り尽くしたプロです。法務部で、関連する判例の研究も行っているでしょう。
ですので、法にも明るくない個人が、プロと交渉などを行っても上手くいかないでしょう。

幸いに最近では、全国各地に、地元の事情に精通した、債務整理のプロの司法書士が事務所を構えているので、1人で悩むことなく、プロの法律家に一任して、1日も早く安定した生活を取り戻すべきです。

もし費用の支払いが困難な状況の方であっても、通常は相談のみであれば無料で聞いてもらえる場合が多いですし、その後の手続きの費用も、無理のない分割払いができる事務所も多いです。
そして、生活保護を受けておられるかたであれば、法テラスの利用をすれば、費用を立て替えてもらえるうえ、その償還も免除される場合もあります。まずは、費用の心配はせずに、なるべく早く相談されることをお勧めします。

借金が返せない状態になってしまったとき、検討すべきなのが債務整理という方法です。
社会的な制約が課せられるデメリット、借金がなくなるというメリット、両方を比較してどちらの方法がふさわしいか、考えておくことも大切です。
実際に債務整理という方法をとるときは、思い切った決断が求められるでしょう。
また、実際に債務整理をやってみると過払い金の問題にぶち当たるときがあります。
過払い金とは、払いすぎてしまったお金のことです。
場合によっては返還してもらえることがあるので、知っておいたほうが良いです。
債務整理や過払い金の問題については、右も左もわからない人がほとんどではないでしょうか。
そんな方には、司法書士に相談されることをおすすめします。
司法書士は弁護士よりも相談費用が安いです。
大阪で債務整理や過払い金の問題を相談したい方は、司法書士事務所を利用すると良いでしょう。
後悔しないためにも、良い司法書士に出会うことも、とても大切なことです。